大江健三郎の家族・家系図【父親・母親・兄弟・妻・子供は何者?】

目次

大江健三郎の家系図

大江健三郎の家系図は上記の通り。

以下では、大江健三郎の具体的な家族構成について解説していく。

大江健三郎の家族構成【父親・母親・兄弟・妻・子供は何者?】

父親:大江好太郎は9歳の時に病死している

大江健三郎の父親の名は「大江好太郎」。

彼は、大江健三郎が9歳の時に、病気で亡くなっている。

好太郎は農家から紙の原料の三椏を買いとり、加工して、内閣印刷局へ紙幣用に納めるという仕事をしていた

Wikipedia

大江健三郎にとって、幼い時の父親の死は、自身の人格形成に深く影響したようで、2009年に発行された『水死』という小説の中では、自身の父親とリンクするような内容の物語を描いている。

著:大江健三郎
¥922 (2024/03/10 08:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

母親:大江小石は中国文学に傾倒していた

大江健三郎の母親の名は「大江小石」。

大江健三郎は自身の母親について、以下のように話している。

「文学への啓蒙を開いてくれた最初の師は、中国文学に深く傾倒していた母でした。その日記に残っていた記述によると、30年代初期、母は父と共に中国を訪れています。」

中国文学の遺伝子

上記の通り、母親は中国文学に傾倒しており、大江健三郎自身もそんな母親の影響を強く受けたという。

さらに、大江健三郎が日本人で2人目のノーベル文学賞に輝いた際、母親小石は、健三郎に対して以下のように話したという。

「アジアの作家の中でノーベル文学賞に最もふさわしいのは、タゴールと魯迅です。健三郎は、それに比べたらずっと落ちますよ」

中国文学の遺伝子

タゴールはインドの詩人、魯迅は中国の作家の名である。

ユーモアのある母親だったことが、このやり取りから窺い知れる。

兄弟姉妹:7人兄弟の5番目として生まれた

大江健三郎は、7人兄弟姉妹の5番目の息子として、1935年に愛媛県で生まれた。

構成としては、兄が2人、姉が2人、弟が1人、妹が1人いたという。

家庭は豊かではなく、七人の子供のなかで、大学に行かせることができるのはただ一人、という条件のもと、母は、大作家になると信じた息子を選び、東京で学問をさせることにした。

中国文学の遺伝子

上記の通り、兄弟姉妹の中では、大江健三郎が一人だけ大学(東京大学)に進学しているようだ。

妻:大江ゆかりは映画監督「伊丹十三」の妹

大江健三郎は1960年、映画監督・伊丹十三の妹である「ゆかり」と結婚している。

伊丹十三は、映画監督としてだけではなく、俳優やエッセイストなど幅広い分野で才能を発揮した人物である。

伊丹十三と大江健三郎は、松山東高等学校の同級生であり、2人が義理の兄弟になってからは、より一層親交を深めたという。

ちなみに、伊丹十三は1997年に投身自殺で亡くなっているが、この自殺と、大江健三郎と伊丹十三の関係を描いた『取り替え子(チェンジリング)』という小説を1997年に発表している。

著:大江健三郎
¥748 (2024/03/10 09:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

子供:3人いる。長男は作曲家の大江光

大江健三郎には、3人の子供がいる。

大江健三郎の子供

  • 長男:大江光‐作曲家
  • 次男:大江桜麻
  • 長女:大江菜摘子

上記の通り、大江健三郎の子供は長男・次男・長女という構成だが、長男の大江光は作曲家として活躍している。

さらに、長男の大江光は知的障害を持って産まれており、そんな息子のことを大江健三郎は『静かな生活』『新しい人よ眼ざめよ』などの小説のテーマ・題材として取り上げている。

長男・大江光について

あわせて読みたい
大江健三郎の息子・大江光とは?【作曲家・病気障害・現在について】 【大江健三郎の息子・大江光とは?【作曲家・病気障害・現在について】】 1994年にノーベル文学賞を受賞した作家の #大江健三郎 さんが、今月3日に老衰のため88歳で亡く...

大江健三郎の家族・家系図【父親・母親・兄弟・妻・子供は何者?】まとめ

大江健三郎の家族構成まとめ

  • 父親:大江好太郎は9歳の時に病死している
  • 母親:大江小石は中国文学に傾倒していた
  • 兄弟姉妹:7人兄弟の5番目として生まれた
  • 妻:大江ゆかりは映画監督「伊丹十三」の妹
  • 子供:3人いる。長男は作曲家の大江光

今回はこれで以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次